ご挨拶

2008年に違うサイトで始めたものをこちらに引っ越してきました。2008年にはまだ現場監督だった私が、その後営業になり、お客様係としてどれだけ成長していったか??をたどりつつ、まじめな話もくだらない話も(多分こちらばっかり)織り交ぜながら書いてきました。

多分多くの人にとって一生に一度しかない「家を建てる」ということ。根本的に洋服や車とは絶対違う価値観で考えないといけないのに、周りを見回すと「デザイン住宅」「デザイナー住宅」という名のもと、すぐに飽きのきそうなデザインや、日射のことや風通しのことを考えてるのかいな?という家が多すぎるように思うのです。また、本来「家」とは何代にもわたって住み繋いでゆくはずなのに、長くもちそうににもない材料を使って建てられる家。15年でダメになる外壁や、建てた時が一番美しい内装。言い換えれば15年後には醜くなっている内装。家の周りをコンクリートで固めて、土の匂いも木々のさざめきもない家。まるで使い捨てのような家がどんどん建ち並ぶのを見るたび恐怖すら感じるのです。

もちろんうちだって綺麗ごとばかりは言っていられないけれども、少しでも理想とする「家」を建てたいと思っているのです。と、硬い感じで始まりましたが、よろしくお願いします。